忍者ブログ
2018 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2018/12 01
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
    ブログ内検索
    プロフィール
    Orner: 冨士孔太
    【Jazz critic / Buyer】
    ⇒山野楽器のジャズ・バイヤーとして約9年間勤務。主にビッグバンドを担当し、スイング・ジャーナル誌にて"ビッグバンドを日本一売るカリスマバイヤー"と紹介される。
    現在はフリーランスの立場で執筆&取材を続けるほか、"ジャズ・シーンの今"を伝えるべく独自のルートでCD輸入なども行う。

    執筆歴:Swing Journal, Jazz Japan, Jazz Life, Jazz Horn, ジャズ批評, RandoM, WAY OUT WEST, BLUE NOTE TOKYO, Cotton Club, BIG BAND!, The BIG BAND Times, 日本ポピュラー音楽協会, 朝日新聞, 山野楽器 etc

    Home Page

    【Photographer】

    【Booking agent】

    【Trombonist】
    ⇒小学生でドラム、ユーフォニアムを始める。その後、スカやジャズに興味を持ち、中学2年生進級時にトロンボーンに転向。高校在学中は吹奏楽部に在籍するほか、スカバンドやビッグバンドなどの活動も開始。
    ビッグバンド理論を中川喜弘氏に、楽器奏法を東條あづさ氏に師事。
    最新コメント
    [10/23 その他の世界一流スーパーコピー]
    [10/23 スーパーコピー]
    [10/15 Dianne Bennett]
    [10/09 Dianne Bennett]
    [09/09 Shana Marley]
    カウンター
    リンク
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    久しぶりにポストを開けたら、興味深いDMが届いていました!

    それがこちら↓

    HUB's Fryer

    ------------------------------------------------------------------------------------------
    7/30(火) ♪特別企画♪ 渡邊恭一"Swingers" @HUB浅草店

    若手最右翼スイングテナー渡邊恭一が1930s-40sサウンドへの憧憬を昇華したバンド。
    “This is スイングミュージック of OUR TIME”を標榜する。
    第25回浅草ジャズコンテストグランプリ受賞。(DMより)

    メンバー:渡邊恭一(ts/cl), 吉原 聡(g), 小林 航太郎(b), 田村陽介(dr)
    ゲスト:山本 琢(p), 出口優日(vo)
    ------------------------------------------------------------------------------------------

    更には、HUB浅草店への初登場を記念して、特別ページが開設 !?
    何と週替りでSwingersの楽曲が無料でゲット出来るそうです♪

    Free Downloads!!

    これは行かねば!!!


    おまけ
    渡邊恭一さんと、今回ゲスト出演が決まった出口優日さんが活躍する
    Gentle Forest Jazz Bandのレパートリーから「
    エンド・ル・マネー」をどうぞ♪
     

    拍手[0回]

    PR
    だいぶ更新が滞っておりますが、
    ≪The BIG BAND Times≫の配送&設置、無事完了しました!
    見かけましたら、是非お手に取ってご覧下さい♪

    尚、15号の設置場所は下記の通りです。

    ◆東京・BLUE NOTE TOKYO

    @BLUE NOTE TOKYO

    ◆大阪・TAKE ONE (左)
    ◆大阪・PINKY DISCORD
    (右)

    TAKE ONE PINKY DISCORD

    *Photos by Yoshinori Yamauchi

    P.S.
    関東近郊に限りますが、ビッグバンドもののライヴには大体出没します(笑)
    普段も持ち歩いておりますので、お気軽にお声掛け下さい♪

    拍手[0回]

    with Kansas City Band

    浅草HUBから Happy New Year!

    昨年は沢山の出会いに恵まれ、
    皆様のやさしさに支えられた一年となりました。

    まだまだ勉強中の身ではございますが、
    ひとりでも多くの方にジャズ、そしてビッグバンドの素晴らしさを
    お届け出来るよう、頑張ります!!!

    2013年もどうぞよろしくお願い致します。


    * with 下田卓&Kansas City Band
     

    拍手[0回]

    秋も深まる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

    食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋・・・
    さまざまあると思いますが、私はやっぱり「芸術の秋」!
    ということで音楽もいいですが、
    今日はイラストレーター・笹尾としかずさんのJAZZ画展に行ってきました。

     DSCN0464.JPG

    会場にはマイルス、ミンガス、ロリンズなど、
    往年のシーンを代表するジャズ・ジャイアント達が勢揃い!
    今回初お披露目となる絵画や、木彫りの彫刻に加え、
    某ジャズメンの来日公演用に画かれた看板や、
    笹尾さんが担当されたCDジャケットなど、貴重な作品も見ることができます。

    中でも一番気に入ったのがコチラ↓

    DSCN0465.JPG

    哀愁漂うサッチモのワンシーン♪
    今にも音色が聴こえてきそうじゃないですか?

    今月6日まで開催されていますので、銀座にお立ち寄りの際は是非!

    ------------------------------------------------------------------
    「笹尾としかず JAZZ画展」
    期間:2011年10月31日(月)~2011年11月6日(日)
    開催会場:銀座本店 本館(ITO-YA1) 03-3561-8311
    〒104-0061 東京都中央区銀座2-7-15
    http://www.ito-ya.co.jp/store/ito-ya1_f8.html
    ------------------------------------------------------------------

    追記

    ちなみにこのジャケ写を担当されたのも笹尾さん!

    ウチナーJAZZ!
    [ウチナーJAZZ!]

    最後は結局"ビッグバンド"ネタでした(笑)

    拍手[0回]

    20110912

    久しぶりにCD買いました。

    Rudy Calzado and Cubarama / A Tribute to Mario Bauza 【試聴
    マチート、ディジー・ガレスピー等と共にアフロ・キューバンを創造し、ニューヨークにおけるマンボの隆盛をも見守ったというマリオ・バウザ。そんなバウザゆかりのご機嫌ナンバーをカヴァーしたトリビュート・アルバムであり、ゲストにパキート・デ・リベラが参加!

    Lincoln Center Jazz Orchestra / Live in Swing City 【試聴
    巨匠デューク・エリントンの生誕100周年記念アルバム。エリントンのドキュメンタリー・フィルム作成用に開催された、NY"サパー・クラブ"でのライヴを収録したものだそうです。「ワイクリフ・ゴードン(tb)在籍時のリンカーン・センター・サウンドが聴けます。」というコメントに惹かれるのはボーン吹きだけでしょうか?(笑)

    Bobby Watson / The Gates BBQ Suite 【試聴
    詳細を忘れましたが、以前情報誌"ジャズ・ジャパン"でオススメされていたので購入!

    Total Touch / Total Touch 【試聴
    今年6月にリリースしたクレイトン=ハミルトン・ジャズ・オーケストラとの共演作『ニューヨークの日曜日』が大ヒット中のジャズ・ヴォーカリスト、トレインチャ。そんな彼女が90年代に結成したポップ・グループ"Total Touch"のデビュー・アルバムであり、当時のオランダ音楽シーンにおいて史上最高の人気と売り上げを誇ったんだとか!

    まだ全然聴けてませんが、とりあえず"Total Touch"はイイ!
    近年の作品に比べてポップ寄り(というかポップス)ではありますが、
    オケ入りの「Somebody else's Lover」や、キャンディ・ダルファー参加の「So curiou」など、
    どれもトレインチャ独特の歌声が光る名曲ばかりです♪

    オマケ

    拍手[0回]

    HOME 次のページ
    Copyright © FUJI Records All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]